生む・熟む・産む・WOMB

WOMBは、英語で「子宮」を意味します。生命を育む場所。私たちはビジネスを生み出すこのプログラムの場に「WOMB(ウーム)」という名前をつけました。

健康についての課題は、誰しもが直観で感じているものの自分では解決できないとあきらめていませんか?確かにヘルスケア領域の起業は、法的課題のクリアや安全基準の整備、倫理面の議論が不可欠で、一人の力だけで成し遂げるのはとても難しい分野です。

だからこそ、私たちは多くの人に見守られなら、じっくりと時間をかけてビジネスを育てる場を作りたいと思っています。 私たちはWOMBプログラムを通して次のことを見い出しながらビジネスを構築していって欲しいと思っています。
  • Wellbeing:あなたが思うウェルビーイング、社会におけるウェルビーイングとはなにか
  • Origin:あなたの原点はなにか、あなたを突き動かす源泉はなにか
  • Mission:あなたの使命、社会における役目はなにか
  • Business:そこから生まれるビジネスはなにか
あなたが感じるヘルスケア&ウェルビーイング分野の課題をビジネスにするために、あなたのアイデアを育てるために、WOMBに参加してみませんか。

WOMBがターゲットとする人

ウェルビーイング・ヘルスケア分野で解決したい課題を持つ人

ヘルスケア領域の起業は、法的課題のクリアや安全基準の整備、倫理面の議論が不可欠で、一人の力だけで成し遂げるのは不可能な分野です。専門家を交えつつも自己や他者との関わりの中での内省を促しながら進めていく場を求めている人に最適です。

1年後に事業を生み出す「意志」と「覚悟」がある人

いつか起業したい!のいつかはなかなか訪れません。自ら期限を作って動き出した人こそがゴールにたどり着けると私たちは思っています。そんな意志と覚悟を持った人をお待ちしています。ボードメンバー自体が新しい事業を生み出すつもりでプログラムを創っています。参加者同士切磋琢磨しながら共に創っていきましょう。

再び原点・使命に立ち戻って事業を振り返りたいと思っている人

WOMBはすでに起業している方でも、自分がやりたかったことの原点・使命を再度振り返りたい、専門家を交えての議論をもっと時間をかけてみたい、という方々も受けられるプログラムです。1年後に現在の事業プランを強固にしたいという方もお待ちしています。

WOMBでできること

WOMBでは、10か月のプログラムを通して、事業を確実に「生む」ための支援をします。
グローカルな視点で課題・自分を捉える

グローカルな視点で課題・自分を捉える

身近な課題をビジネスにするためには、世界・社会でどんな問題が起こっているか、課題の根本は何なのかを考えぬく必要があります。トレンドを把握した上で、課題を求心力のあるプロモーションメッセージにします。

事業を安心して起こすために役立つ知識を得る

事業を安心して起こすために役立つ知識を得る

多くの情報があり、不必要な知識・アドバイスに影響され、事業化ができないケースがあります。ファイナンス、リサーチ、デザイン、PoC、オペレーション等、不安なことを経験者に聞くことで、必要なスキルを身につけます。

仲間・支援者・カスタマーをみつける

仲間・支援者・カスタマーをみつける

ヘルスケアの起業家には、サイエンス、テクノロジー、ファイナンス等、すべての知識が最初から身についているわけではありません。同じ志を持つ人、ミッションに共感して、一緒に未来をつくりたいエンジニア・専門家・実業家等との出会いを提供します。

セッション講師・メンター

プログラム期間中、著名な講師・メンターがサポートします
奥田 浩美
事業の理念

奥田 浩美

㈱ウィズグループ 代表取締役
医療系ベンチャー振興推進会議 委員

若宮 和男
ビジネス思考法

若宮 和男

uni'que Inc. Founder/CEO
ランサーズタレント社員
『ハウ・トゥ・アート・シンキング』著者

山下 哲也
ビジネスデザイン

山下 哲也

山下計画(株) 代表取締役CEO
Liaison Officer, 500KOBE
岡山大 Entrepreneurship Program“SiEED”ディレクター

山口 豪志
ビジネス戦略

山口 豪志

株式会社54 代表取締役社長

矢澤 麻里子
シードファイナンス

矢澤 麻里子

シードファイナンスアドバイザ

本荘 修二
企業組織・チームビルディング

本荘 修二

本荘事務所 代表

加藤 浩晃
ウェルビーイング/ヘルスケア業界知識

加藤 浩晃

医師、デジタルハリウッド大学大学院 客員教授 アイリス株式会社 取締役副社長CSO 東京医科歯科大学 臨床准教授 千葉大学病院 客員准教授 厚生労働省 医療ベンチャー支援(MEDISO)アドバイザー 経済産業省 Healthcare Innovation Hub アドバイザー

曽山 明彦
ウェルビーイング/ヘルスケア業界知識

曽山 明彦

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J) 理事   東北大学特任教授(客員)

尾原 和啓
ビジネスとITプラットフォーム

尾原 和啓

フューチャリスト
藤原投資顧問書生

山本 知佳
ビジネスとグローバル展開

山本 知佳

CROSSBIE Founder/CEO、JETROグローバルアクセラレーションハブ・ベルリンパートナー、エンジェル投資家

横山 理佳
ヘルスケア領域リサーチ&エビデンス

横山 理佳

株式会社OWLS 代表取締役

小野田 峻
法務・コンプライアンス

小野田 峻

小野田髙砂法律事務所・代表弁護士

竹之下 千尋
グローバルヘルステック事例

竹之下 千尋

一般社団法人 国際ヘルステック協会代表理事(Healthtech Women Japan)

WOMB専門領域アドバイザー

プログラム期間中、事務局を通して専門分野の相談も可能です。
(※こちらに掲載しない領域のアドバイザーへのコンタクトも可能です)
真嶋 由貴惠

真嶋 由貴惠

大阪府立大学 教授・学長特別補佐
人間社会システム科学研究科 教授
看護システム先端技術研究所 所長
ダイバーシティ研究環境研究所 所長

加藤 浩晃

加藤 浩晃

医師、デジタルハリウッド大学大学院 客員教授 アイリス株式会社 取締役副社長CSO 東京医科歯科大学 臨床准教授 千葉大学病院 客員准教授 厚生労働省 医療ベンチャー支援(MEDISO)アドバイザー 経済産業省 Healthcare Innovation Hub アドバイザー

中村 洋

中村 洋

慶應義塾大学大学院  経営管理研究科 教授

矢作 直也

矢作 直也

医師(糖尿病・動脈硬化専門医)  筑波大学医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 准教授 ニュートリゲノミクスリサーチグループ 代表 検体測定室連携協議会 執行委員長

Carla Brenner

Carla Brenner

NPO Healthtech Women Founder and President

後藤 励

後藤 励

慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 准教授

本荘 修二

本荘 修二

本荘事務所 代表

曽山 明彦

曽山 明彦

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J) 理事   東北大学特任教授(客員)

Sasha Cahill

Sasha Cahill

連続起業家、患者活動家、メドテック商業化戦略家
国際連合プラットフォームAI For Goodスピーカー、戦略アドバイザー(ヘルステック、プログラム医療機器)
IBM Cloud Hyper Protect アクセラレーター戦略アドバイザー(ヘルステック、プログラム医療機器)
Healthtech Women 理事、共同設立者、ノースカロライナ州・シャーロット代表

プログラムの流れ/概要

プログラムの流れ/概要
プログラムの流れ/概要

*チャレンジャーとは:WOMBプログラムでは1年後に事業を立ち上げる意志・覚悟を持った参加者を”チャレンジャー”という名称で呼びます。WOMBプログラムのセミナーは一般の方でも参加できる回を設けますが、事業立ち上げのためのメンタリングやピッチプレップ(ピッチトレーニング)は”チャレンジャー”向けに提供していく予定です。 ”チャレンジャー”宣言を行い、多くの支援を受けながら成長のチャンスを! あなたの応募をお待ちしています。

コンテンツ/スケジュール

開催時期(予定) タイトル(参加者で作り上げるため変更の可能性があります)
2020年5〜7月 Why this?Why now?Why you?「起業の前に考える3つのWhy」
自分起点の起業思考法 -ハート&アートシンキング-
0 to 100 事業を育てる戦略地図
8月〜10月 "Tell me your one-liner! " ピッチから導き出すあなたのビジネスモデル
起業前に知っておきたいシードファイナンス-資金調達入門-
起業とチームビルディング -成功例も失敗例も聞いておこう-
11月〜12月ヘルステックビジネス~これだけはやるな・これは絶対おさえろ~
ピッチ&メンタリング(中間発表会)
ピッチイベントに挑戦!
2021年1月〜2月ヘルスケア領域重点メンタリング-安全基準・法的課題・国際的視点-
BIRTH21(最終発表会)
※インキュベーションプログラム参加費用(チャレンジャー向けの一括費用)にはすべてのセッションが含まれます。上記のセミナーの中には公開開催を行う場合もあります。公開開催の参加のみの場合は、都度3000円〜6000円の参加費用を予定しています。公開セッションのみの参加者にはメンタリングやピッチトレーニングはありません。

WOMBボードメンバー

WOMB は、2年に渡るJHVS(厚生労働省主催 ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット)のMeetupコミュニティによるスピンオフ企画から始まりました。年内に一般社団法人化を目指します。
奥田浩美

奥田 浩美

Chairman

㈱ウィズグループ 代表取締役
医療系ベンチャー振興推進会議 委員

横山理佳

横山 理佳

Co-Chairman

株式会社OWLS 代表取締役

竹之下千尋

竹之下 千尋

Co-Chairman

一般社団法人 国際ヘルステック協会代表理事/Healthtech Women Japan President

提携・協力団体

WOMBのロゴについて

WOMB(ウーム)は子宮を意味する単語です。子宮の中で育まれる赤い情熱的なビジネスの命、炎…それが中央の赤い球形です。それを取り巻くオレンジ色の形は子宮を意味するとともに勾玉の形の胎児の成長も意味します。そしてこのオレンジ色は、インド・チベット・タイなどの僧侶が身につける法衣の色、まさに健康や幸福を祈る色、献身を象徴する色です。